2018年11月18日 (日)

昭島~野山北公園自転車道~多摩湖

車に折り畳み自転車を積んで自宅から昭島駅まで行き、車をコインパーキングに駐車。
そこから、下記サイト(*1)の地図ルートを参考にサイクリングしました。

通過地点A~Hは、いつもどおりカシミール(*2)でGPS端末(*3)に事前に登録しました。
現地に行けば分かるだろうと、ざっとルートをを調べて出かけたのが失敗でした。

野山北公園自転車道は、D地点が起点のつもりでしたが、その付近になく、自転車道を探しながら走り、途中からそのルートに入りました。

帰宅後調べてみたら、下記サイト(*4)に起点の解説が書いてありました。

でも、野山北公園自転車道は、何回も車道と交差しており、信号機も多いので、信号待ちで疲れます。

また、参考にした地図では、自転車道終点から多摩湖周回ランニングコースに繋がってたのですが、直前で自転車道が途切れていたので、せまい山道から民家の方に回って摩湖周回ランニングコースに入りました。

*1:野山北公園自転車道から多摩湖への廃線跡を辿る道
http://tamamichi.life.coocan.jp/noyama/noyama.htm

*2:カシミール
http://www.kashmir3d.com/books/nyumon/
*3:GPS端末 http://www.kashmir3d.com/books/nyumon/
etrex 30xj

*4:多摩湖自転車道 | サイクルスポーツ.jp
https://www.cyclesports.jp/courseguide/jitenshado/019/index

 
*5:多摩湖周回ランニングコース(サイクリング可)
http://www.city.higashiyamato.lg.jp/index.cfm/34,68772,c,html/68772/20160314-131021.pdf


Kc3v0025

Kc3v0027
Photo

2018年11月12日 (月)

稲田堤~羽村の堰 多摩川サイクリング

住所である川崎市多摩区稲田堤から、あきる野市の羽村の堰まで、多摩川サイクリング道路
をサイクリングしてきました。
私は折り畳み自転車で、テレビ番組を録画したソニーウォークマンの音だけ聞きながら、人が走る程度の速度で走ってます。
ヘルメットを付けた勇ましいサイクリストはすごい速度で追い越して行きます。
そんなに急ぐ必要あるんですかね。
地図で見ると直線距離で約25km、寄り道したので往復50km以上走りました。

800x450_2
羽村取水堰
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kouhou/meisho/hamura.html
 
20181110_2
 
201811102_3

2018年6月18日 (月)

三池公園~大黒埠頭 サイクリング

10年以上前からときどきサイクリングしてました。
2014年頃はmixiの日記に行き先レポートを書き込んでましたが、写真撮るのが面倒で書き込みやめてました。

今日はBLOGのネタ作りのため、書き込みます。

今回もいつものように、車に折りたたみ自転車を積んで、現地の駐車場で降ろし、目的地を回るというパターンでサイクリングしてました。
今回は地元神奈川、鶴見~大黒埠頭をサイクリングしてきました。

Photo_5


_
Photo_6


Gps

写真はガイドブック(*1)表紙、掲載記事のコース。
Photo_7

Photo_8
Photo_9
Photo_10
 
横浜ベイブリッジ(*2)、大黒海釣り施設から海の景色、三池公園。
*1:「神奈川 伊豆 箱根 富士 自転車散歩(株)山と渓谷社 2010年月10日 初版)」
*2:ベイブリッジのスカイウォークは2010年に閉鎖になったてたんですね。
私の一時期のサイクリングレポートはmixiの日記に書き込んでいます。

2018年4月20日 (金)

水耕栽培

水耕栽培

今年2月初めにふとしたキッカケで始めた水耕栽培の現在の様子です。

0419a
0419b

キッカケというのは、LEDライトのジャンク品を入手したこと。
Led_6
照明用にでもいいかと思っていたのですが、調べてみると、「アクアリウム」用でした。
その種のLEDは「水耕栽培」とも共通らしくて、今度は水耕栽培つして調べてみました。
すると、「100円グッズで水耕栽培」という話しがある。
https://agri.mynavi.jp/2018_01_23_16792/

そこで、参考書を買ってきた。それも通販の古本で。
003

2月19日スポン字の上に播いた種がこれ。
0219b_2
芽が大きくなってきた頃、参考書のとおり、
100円ショップのププラスティック製コップに移植し、液肥が供給される仕組みを作りました。


途中、光源が不足するので、ヤフーオークションで中古のLEDを追加購入したり、そのLEDの正方形で都合が悪いので、3分割(内部にLEDプリント基板が3枚入っていた)したりして、冒頭の写真のような栽培ラックになりました。
Led_7
Led3

電気は得意なので、電源は自作です。
Led_4
 












無料ブログはココログ